おおさかナレッジ・フロンティア推進機構
ホーム お問合せ
豊かな社会の実現に向けて
TOP 組織案内 支援案件のご紹介 プロデューサー人材育成 新分野・ニッチ市場事業 リンク集
私たちの目指すもの
私たちはベンチャーをハンズオン支援することを通じてイノベーションの加速を目指します。私たちは他の公的支援機関、民間企業や専門家と連携し、イノベーションエコシステムを確立し地域の活性化に貢献するとともに、起業家が活躍する社会をつくって行きたいと思います。

 

ニュース

2016/4/22

平成22年度バイオビジネスアワード バイオ先端知賞を受賞したジーン・ステム株式会社(大阪市、小林社長)の免疫(ワクチン)療法でPSF1陽性がん細胞を押さえる特許が成立しました。特許 2014-533063 PSF1由来ペプチド。PSF1ワクチンの説明資料(pdf)PSF1由来ペプチドの特許明細書(pdf)

2016/1/19

平成26年度に大阪府新分野・ニッチ市場参入事業化プロジェクトで支援させていただきましたスペクトロニクッス株式会社(茨木市、岡田社長)第13回 新機械振興賞、機械振興会会長賞に採択されました。スペクトロニクスは世界最高出力の深紫外ピコ秒パルスレーザーを作っています。

2015/11/16

(株)I&C(大阪市、佐田幸夫社長)は車いすに乗った利用者が近づくと自動で高さを調整する洗面台を開発。高齢者らがうがいや洗面する際に他の人の支えがなくても利用可。2016年にも日本で売出し、シンガポールや中国にも輸出する計画。日経電子版

2015/11/16

マイクロ波化学(株)(代表取締役社長CEO吉野巌氏)と太陽化学が乳化剤(ショ糖エステル、シュガーエステル)を効率生産。製造過程で有機溶媒不要に。日経電子版

2015/10/21

マイクロ波化学(株)代表取締役社長CEO吉野巌氏 が公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会の、第10回ニッポン新事業創出大賞の「アントレプレナー部門」における最優秀賞 独立行政法人中小企業基盤整備機構理事長賞を受賞。

2015/9/30

マイクロ波化学(株)が太陽化学株式会社、千島土地株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:芝川 能一)、株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)、株式会社ジャフコ、に加えて阪大VC、投資第1号として出資を受けました。(日経新聞電子版)

2015/8/18

マイクロ波化学、スリープウェルがJSTとNEDOが主催する大学発ベンチャー表彰で新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長賞と大学発ベンチャー表彰特別賞を受賞いたしました。

2015/6/24

大阪府商工労働部の新分野・ニッチ市場参入事業化プロジェクト支援業務に係る実施事業者にテクノロジーシードインキュベーション(株)、NPO京都イノベーション・リソースとともに選定されました。

2015/5/28

昭和電工、タッチパネル用の新素材量産へ 阪大発VB(マイクロ波化学)と開発という内容で日経新聞に掲載されました。

2015/4/22

医療機器の製造・設計において優れた成果を上げた日本企業を表彰する第4回「MEDTECイノベーション大賞」(主催:UBM Canon)において、スリープウェル株式会社が開発した「スリープスコープ」(1chの小型脳波計で医療機器認証をクリアした製品)が敢闘賞を獲得。

2015/4/20

日経エレクトロニクス5月号52〜53ページに「僕らが日本を再起動する」大学発ベンチャーの挑戦「新製法で化学産業に新風」でマイクロ波化学(株)が取り上げられました。

2015/4/14

スリープウェルのポータブル1ch脳波計が大阪市大での糖尿病で睡眠障害、起床直後は血圧上昇が確認という内容の論文の研究で 測定機器として利用されました。
--以下、論文抜粋--
All patients underwent an overnight electroencephalogram monitoring, which was obtained using a single-channel EEG (SLEEP SCOPE; Sleep Well Co., Osaka, Japan), as previously described for sleep scoring programs.

2015/4/1

マイクロ波化学(株)の吉野社長が日刊工業新聞 27面の 「起業家の志 変革に挑む」のコーナーで化学工場を省エネ・効率化という内容で掲載されました。

2015/3/13

マイクロ波化学の吉野社長が日経産業新聞「トップの挑戦」の覧で 化学「100年ぶりの革新を」マイクロ波で大型工場という内容で掲載されました。

2015/3/8

スペクトロニクス鰍ェ日本経済新聞 電子版で大阪大学と連携し、欧米製の装置より3〜25倍速く微細加工できる266nmの深紫外の50ピコ秒パルスレーザーでフィルムやガラスなどの微細加工でバリを発生せず高速に加工できる世界最高水準のレーザーの販売を開始したことや産業革新機構から投資を受けて事業を加速することがが掲載されました。

2015/2/17

Japan Venture Awards 2015でスリープウェル社が、ヘルスケア貢献特別賞を受賞作されました。

2015/2/16

日経バイオテクで、マイクロ波化学が取り上げられました。 “電子レンジ”で化成品、マイクロ波化学が挑む新規製造技術、医薬品原料製造への展開も視野

2015/1/20

JSTによる出資型新事業創出支援プログラム(SUCCESS)における スリープウェル株式会社への 出資決定。


一覧

2014/12/25

マイクロ波化学がForbes JAPAN 2015年2月号のスタートアップの有望株20社に選出。又、AERAで「日本を突破する100人」として、マイクロ波化学の代表取締役・吉野様が紹介されました。 2014年12月29日ー1月5日合併号(AERA)

2014/10/21

日本における遺伝子検査の草分け的ベンチャー、サインポストがファンケルと提携して予防医療事業を行うことに。(日経バイオテク)

2014/10/14

マイクロ波化学と世界最大の化学会社BASFがポリマー開発で提携。(日本経済新聞) 独BASFとマイクロ波による高分子樹脂の省エネ製造を研究(日刊工業新聞) 

2014/09/11

イノベーションJAPAN2014 スペクトロニクスと、ユイメディックが 出展。

2014/09/08

マイクロ波化学株式会社が 日刊工業新聞、第1面記事で「マイクロ波加熱装置 三菱電など省エネ化へ 窒素ガリウム半導体採用」 という内容で掲載。

2014/09/03

イオンテクノセンターと京都イノベーションリソースと当財団は、新分野・ニッチ市場参入事業化プロジェクトで、
チトセ工業株式会社(東大阪市)
  温度・湿度・照度・気圧センサー機能を一体化した小型・超低消費電力の
 無線センサーの事業開発

貴和化学薬品株式会社(豊中市)
  リン酸亜鉛処理のスラッジが出ない代替の塗装下地剤や、クロムを含まないアルミ表面処理剤や、冷間鍛造の短納期化に役立つ潤滑剤の事業開発
圓井繊維機械株式会社(大阪市旭区)
  繊維加工技術の医療機器・産業資材分野への応用展開
アイセル株式会社(八尾市)
  エレメント積層型混合器(MSE)を適用した静的混合器及び撹拌翼の事業化
上田製袋株式会社(守口市)
  レーザー樹脂溶着技術による先進医療現場における細胞組織凍結保存プロ
 ジェクト
株式会社プロテクティア(茨木市)
  カテキン誘導体新技術CateProtectを活用した自社企画製品の市場開拓
スペクトロニクス株式会社(茨木市)
  スーパーコンティニューム光源や、高速・高品位な加工を実現する 超短パルスレーザの事業開発

以上7件の事業をサポートすることになりました。

2014/08/23

8月23日に駅前第3ビル、コラボス316にて研究を事業化するプロデューサー養成講座 参加者・関係者の交流会を行いました。

2014/08/21

スリープウエル(株)が、薬事日報 に「小型脳波計の活用推進を模索‐睡眠薬や抗うつ薬の開発・評価に」という記事で取り上げられました。

2014/08/21

国立大VCの第一号として阪大が認定され、阪大のベンチャーとしてマイクロ波化学株式会社が記事で取り上げられました。(8月21日朝刊、日経新聞 27面)

2014/08/02

阪大 吹田キャンパス・テクノアライアンス棟に研究施設を設けるマイクロ波化学はグローバルな大手企業からの共同研究案件テーマの増加に伴い研究者を複数名募集しています。 募集条件にマイクロ波の知識は必要ありませんが、無機、有機の化学の研究経験者を複数名、プラントエンジニアを複数名、求めておられます。(応募にマイクロ波化学の知識は必要ないそうです。) マイクロ波化学は 阪大から生まれた大学発ベンチャーで、数年後に上場を予定し世界的に成長が期待される会社で、 注目されている会社です。会社の従業員31名のうちPhD.は7名という研究開発型の企業で、女性研究者も多く、子育てをされながらフレックスタイムで研究をされている方もいらっしゃいます。ご興味ある方は、ご連絡ください。阪大吹田に研究施設があり見学も随時、可能です。

2014/07/16

スリープウェルが第39回日本睡眠学会において「日本人の睡眠 2014」を発表。 平均就床時間 男性 6時間25分、女性 6時間16分

2014/07/12

マイクロ波化学(株)が中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律に基づく特定研究開発等計画の認定を受けました。

2014/07/04

マイクロ波化学(株)が日本経済新聞で 未上場ベンチャー、大型増資 という記事で取り上げられました。

2014/06/29

マイクロ波化学(株)が平成25年度補正「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業」の1次公募二次締切分採択されました。

2014/06/02

マイクロ波化学(株)が食品素材事業に進出するとの記事が日本経済新聞に掲載されました。

2014/04/24

化学工業日報、第5面にマイクロ波化学(株)が「ユーザーと共同で、15年以降にプラントを追加増設」という内容で掲載されました。

2014/03/31

マイクロ波化学日本経済新聞13面で世界初のマイクロ波化学の量産工場が竣工したことが取り上げられました。

2014/03/12

マイクロ波化学日経産業新聞1面でグラフェンの製造コストを1/10にする技術の開発に成功したことが取り上げられました。

2014/01/29

TOKYOイノベーションリーダーズサミットにアドバイザリーボードとして推薦させていただいた、マイクロ波化学(株)(株)りーふねっとあっと(株)が参加されました。

2014/01/27

NHK おはよう日本で 遺伝子検査に関して サインポストの山ア社長が取材されました。

2013/11/22

三井住友海上、ITisKANSAIと来春にVBの事業発表会−資金調達や企業連携支援を開始いたします。

2013/10/25

2011年に「研究を事業化するプロデューサー養成講座」を受講された あっと(非侵襲による指先の毛細血管観察画像の測定システムの開発) が大阪大学医学研究科との共同研究で大阪市イノベーション創出支援補助金に採択されました。

2013/10/24

スリープウェル鰍フ医療機器(自宅で計測できる脳波計)が週刊新潮10月24日号で雨晴クリニック副院長 坪田聡先生、虎ノ門病院 睡眠呼吸器科部長 成井浩司先生から「画期的な機器」「入院することなく睡眠の質を知ることができ患者さんにとっては負担軽減につながる」との評価をいただきました。又、23日放送のテレビ東京ワールドビジネスサテライトの特集で取り上げられました。

2013/09/09

週刊東洋経済9月14日号 の特集「新成長ビジネス100 」にスリープウェルが掲載されました。また、10/1にはPMDA関西支部の 開設記念公開シンポジウムにて、事例紹介で講演予定です。 

2013/09/01

サインポストが 日経新聞 (電子版) に「遺伝子解析、個人向け広がる 自宅でも検査可能」で取り上げられました。

2013/08/30

平成24年度補正 ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金に マイクロ波化学、スリープウェル、トップス、サインポストが採択されました。

2013/08/01

JST A−STEP 平成25年度第1回 【FS】探索タイプ に 「Streptococcus mutans をはじめとするレンサ球菌のバイオフィルム形成阻害に立脚した新規抗菌薬開発 大阪医科大学 石井誠志」が採択されました。

2013/07/23

独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) が実施する「平成25年度 新エネルギーベンチャー技術革新事業」のフェーズAにに有限会社トップスと東京大学が採択されました。

2013/07/02

マイクロ波化学 がジャフコを引受先とした、3億円の第三者割当増資を行いました。

2013/06/20

フィガロ ジャポン 8月号のbeaute特集「どう痩せたのか 徹底実録10人の1ヶ月ダイエット日記。」で 渋谷DSクリニック銀座院 の遺伝子検査としてサインポストの「 運動&栄養プログラム 」が紹介されました。

2013/06/13

スリープウェル(株)の医療機器を用いた家庭での簡易な睡眠 評価サービスが、京都四条烏丸クリニックにて人間ドックのメ ンタルヘルス対策で有効な健診オプションとして採用された ことが 日刊工業新聞 にとりあげられました。

2013/04/30

スリープウェル(株)の簡易型脳波計「スリープスコープ」が 厚生労働省の医療機器の 保険適用 をうけました。

2013/04/23

スリープウェル(株)が睡眠測定が可能な1ch脳波計「スリープスコープ」(医療機器)を用いた受託解析に関して、5/15〜5/17にifia JAPAN 2013 [アイフィア・ジャパン]第18回 国際食品素材/添加物展・会議、 7/10〜7/12 第26回インターフェックス ジャパンに出展予定。

2013/04/16

マイクロ波化学(株)が 業務拡大により、CTOをサポートする研究統括責任者を募集されています。 お問い合わせは、担当: 鐘ヶ江様 info(アットマーク)mwcc.jp / 06-6170-7595 まで。

2013/04/01

おおさかナレッジフロンティアの事業は3月末日をもって一旦、大阪市からの委託事業は終了し、当財団が独自に新たな事業として支援対象を絞り行います

2013/03/19

マイクロ波化学(株)がUTEC、NVCC、新生銀行から、資金調達に成功し、大阪市内にて年産3200トンの大規模マイクロ波化学工場を立上決定。 (産経関西)

2013/02/20

スリープウェル(株)の睡眠測定が可能な1ch脳波計「スリープスコープ」が国内で初めて、医療機器の認証をうけました。認証番号225ADBZX00020000

2013/02/18

JST推薦:新技術説明会(市ケ谷)でA-STEPの成果として、大阪バイオサイエンス研究所、高田陽子先生の、「養殖や生鮮輸送に応用可能な、魚類の睡眠誘発技術導入法の開発」の発表を行いました。

2013/02/13

マイクロ波化学技術開発ベンチャーのマイクロ波化学(大阪府吹田市)は、このほど、世界初となる量産型マイクロ波化学プロセスを本格稼働させ、大手インキメーカーの東洋インキ(東京都中央区)向けに、商業化ベースで環境対応型化成品である脂肪酸エステルの出荷を開始。産経新聞関西(WEB)

2013/01/27

「サイエンスZERO」のマイクロ波特集で、マイクロ波化学株式会社の開発が紹介されます。 番組 : NHK Eテレ「サイエンスZERO」 日時 : 平成25年1月27日(日) 23:30〜24:00

2012/12/19

創立25周年をむかえた大阪バイオサイエンス研究所が下記リンクのシーズと保有機器、モデルマウス・ラットを使って、検証業務などを依頼される企業を探しておられます。 生活習慣病関連モデル動物、睡眠関連アッセイ、アレルゲン低減、骨密度関連、筋力維持など

2012/10/26

プロデューサー養成講座を受講された 貴和化学薬品様が日刊工業新聞で、リン酸亜鉛含まない塗装下地処理液投入−スラッジ発生80%減ということで掲載されました。

2012/10/08

「日経ビジネス」(10月8日号)「日本を救う 次世代ベンチャー100」にプロデューサー養成講座を受講されたスリープウェル様が掲載されました。スリープウェルの技術は大阪ガスのミストサウナの快眠効果の評価にも使われた技術です。多くの食品、薬品の評価にも使われています。

2012/10/05

スリープウェル様が睡眠測定が可能な1ch脳波計に関して、食品開発展2012 で講演(テーマ:携帯型脳波計を用いた快眠食品の科学的評価)を行いました。

2012/09/27

大阪府商工労働部  平成24年度 ものづくりイノベーション支援プロジェクトに採択されました。 

2012/08/01

今年もオープンイノベーションを体験する「研究を事業化するプロデューサー養成講座」を10/3より開催。 カリキュラムや実施概要はこちらへ 

2012/05/08

「研究を事業化するプロデューサー養成講座」を20年度に受講された 菱田伸鉄工業(株)代表取締役 菱田聡様と立命館大学 金岡先生が池田泉州銀行の平成23年度第8回コンソーシアム研究開発助成に採択されました。

2012/03/17

「研究を事業化するプロデューサー養成講座」23年度 特別講義を マイクロ波化学(株)代表取締役 吉野巌様、大阪大学 特任准教授 塚原保徳先生をお招きして開催いたしました。

2011/11/30

マイクロ波化学の技術が東京モーターショーのDENSOのブースで展示されました。 微細藻類を使ったCO2吸収・バイオ燃料化の研究

2011/11/30

支援させていただいていた(株)ABsizeの経皮吸収鎮痛剤が臨床に入りました。 Japan’s ABsize Gets U.S. FDA Clearance For Phase I Pain-Patch Trials

2011/11/17

支援させていただいているスリープウェル(株)が 大阪市成長産業チャレンジ支援事業に採択されました。 計画名称 睡眠評価システムの開発。

2011/09/08

大阪府・平成23年度ものづくりイノベーション支援プロジェクトに採択されました。 計画名称 マイクロ波化学を活用した脂肪酸エステルの試作開発

2011/07/21

JST A-STEP 平成23年度 FSステージの探索タイプに、下記3件が採択されました。
・養殖や生鮮輸送に応用できる魚類における睡眠導入法の開発
  財団法人大阪バイオサイエンス研究所 高田陽子
・骨芽細胞の機能低下による骨粗鬆症モデルマウスの開発
  財団法人大阪バイオサイエンス研究所 古川貴久
・自然な眠りを導くカロテノイド化合物の化学修飾による薬効改善
  財団法人大阪バイオサイエンス研究所 有竹浩介

2011/07/21

平成23年度「研究を事業化するプロデューサ養成講座」
7月19日をもって、申込み受付を終了いたしました。
多数のご応募、ありがとうございました。
昨年の実施状況(写真)
昨年のカリキュラム(PDF)
概要は下記URLを参照ください。
http://www.knowledge-frontier.jp/producer/index.html
最近の参加者へのインタビューはこちら(PDF)
講師陣へのインタビューはこちら(PDF)

2011/06/28

「研究を事業化するプロデューサ養成講座」に以前、参加された貴和化学薬品(株)が、 経済産業省 平成23年度戦略的基盤技術高度化支援事業に採択されました。

2011/06/22

支援先ベンチャーの スリープウェル株式会社(大阪市、吉田政樹社長)が、
生物系特定産業技術研究支援センターの事業(発展型研究 ベンチャー育成枠)に採択されました。  

2011/03/26

「研究を事業化するプロデューサー養成講座」
22年度第2回特別講義
スペクトロニクス(株)
代表取締役 岡田穣治様にご講演いただきました。

2011/3/24

支援先ベンチャーのジーン・ステム(株)(大阪市、小林孝次社長)の高倉先生(大阪大学・微生物病研究所)がバイオアワードJAPANでバイオ先端知賞を受賞されました。
  大阪大学微生物病研究所 情報伝達分野 教授 高倉 伸幸氏「がん幹細胞の可視化による抗がん剤スクリーニング技術の開発とその応用」

2010/11/2

支援先ベンチャーのスリープウェル(株)(大阪市、吉田政樹社長)の睡眠関連商品の企業向けに自宅で睡眠状態を解析できるサービスが日経産業新聞に掲載されました。

2010/10/13

JST A−ATEP 「FSステージ 探索タイプ」 平成22年度課題 に 2案件 採択されました。
・ 筋ジストロフィーの病態進行マーカーの開発 (財)大阪バイオサイエンス研究所 鎌内 慎也
・ 偶蹄類動物に対して恐怖反応を誘発する革新的な忌避剤の開発 (財)大阪バイオサイエンス研究所 小早川 高

2010/7/20

平成22年度「研究を事業化するプロデューサー養成講座」(終了)
 
9/1より半年間実施いたします。たくさんのご応募ありがとうございました。

pdf講座実施日程、講師等:パンフレット一部 (pdf, 855KB)
pdf講座目的概要等:パンフレット一部 (pdf, 617KB)

・平成22年度から(財)京都高度技術研究所様と連携。本講座と同財団が実施の「技術経営(MOT)人材養成講座」と共同で特別講義、両講座の受講生・卒業生の交流会を実施。受講生の人脈形成につなげてまいります。

2010/04/16

大阪バイオサイエンス研究所 支援案件(裏出先生)からの睡眠の深さやリズムを測れる携帯型脳波計開発のベンチャー企業設立 (スリープウェル(株))。JST大学発ベンチャー創出推進の研究開発成果を事業展開

公益財団法人大阪市都市型産業振興センター おおさかナレッジ・フロンティア推進機構
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5 TEL/06-6263-9220 FAX/06-6263-9222
Copyright © Knowledge Frontier Osaka. All Rights Reserved.